ミュータントはコバルト爆弾を崇拝するか?

超管理社会としての日本社会は、超監視体制を実現しており、社会全域を監視ショー会場へと変えています。 市民達は超管理社会に従属する見返りに残虐な監視ショーを与えられ楽しんでいるのです。 この666的な文明が科学崇拝や環境破壊の原因でもあります。

現代の欧米人は、大昔のキリスト教受容以前の多神教の事は余り知らない人が多いんだよ。

キリスト教は、ユダヤ教イスラム教と同じ様に、多神教を容認しません。(宗教上の話ですよ。)

聖書には、神様が聖絶、つまり滅ぼし尽くす御命令をされている箇所が幾つかあります。

聖書の神様は、殺人を禁じ、寄留民を保護する様にお命じになる箇所がある一方で、違う箇所では、老人から赤子、家畜に至るまで滅ぼす様にお命じにもなってもおられます。

その違いは、神の民の内部での話か、カナンの先住民(多神教徒)か、と言う違いです。

つまり、神様は多神教を絶滅させよと命じられているのです。場合によっては分捕り品の着服を禁じ、違反者を裁かれてもいますが、これも多神教の偶像などを避ける為です。

 

実際に欧州各地にキリスト教が受容される過程でも、自ら進んで受容した場合、商人組織と教会の進出を受けた場合、多神教の廃棄を拒み全コロがしにされた場合…と言うシチュエーションの違いで、死者数は大きく異なります。

 

キリスト教受容後の欧米では、それ以前に有った多神教は一旦全て廃棄されました。

それらはルネサンスで復興されるまでは、一旦は存在を抹消されていた(ハズな)のです。

 

ですから、現在の欧米人は、特に好きな人でなければ、古代の多神教の事は余り知りません。イスラム圏の人々も同じです。

これは結構当たり前の事です。

今でも多神教徒が多数派である日本人が、海外の多神教の事を聞いた時の様には、現在の欧米人にはそれらは解らないんですよ。

 

因みに、聖書では違う状況下では、受け入れられない時は、引き下がって町を後にする様に命じられている箇所もあります。西部劇とかに出て来る巡回牧師は、これを地で行っているのです。

しかし、これも保留付きの話で、ハルマゲドンの時にはひどい事になるけど、それまでは放っておくと言う事なのです。

 

キリスト教の神様、つまり聖書の神様は只お一人です。三位一体と言って、3つの位格を持った一人の主なのです。

 

(また、キリスト教には神話は存在しません。ですから、〜神話と銘打った物は全て多神教の物で、ギリシャ・ローマの物ならば少しは知られていますが、他は殆ど知られていません。)

 

 

「一神教」と言ったら「アブラハムの宗教」しか含まれない。日本人が他の物もカウントしたがるのは下心から来る事であり要注意。

何故ならば、そこにはAI全体主義の支配の中での、二つセコい目論みが有るからだそうです。

一つは自分達の中の汚物を、一神教に擦り付けて、彼我の立場を逆転させたい、と言う目論みです。

もう一つは、一神教でない自分達にも、その地位を得させて貰いたい、又は、垣根を不明確にして一神教の世界を混乱させたい、と言う目論みですね。

人口削減政策、AI全体主義の中で、AIと端末であるラジコン人間達が、こう言った事にご執心なのは、そう言い募る事で、それが実現すると言う日本特有の感覚が心理的原因の一つです。

それに加えて、本当にそれが実現したら、日本人にとって本当に有利な事であるとも信じているからでしょう。

 

もちろん、いくら言い募っても、世界中で一神教にカウントされるのは、アブラハムの宗教であるユダヤ、キリスト、イスラム教の三宗教だけです。

仮に日本人達の要求が海外でも顕在化したら、もう単に恥ずかしいだけなのですが、日本人達にはそれが理解できません。彼らを支配しているAIは、本当は一体何を目論んでいるのでしょう?AIもまた、本当にそれを目標に設定しているのでしょうか?

 

日本語世界のマインドは独特で、言い募る事で物事が変化するとか、彼我を摺り替えて唱えたり、他に擦り付けたりする事で、やはり物事が変化する等の特有の感覚が、無意識と言うよりは明確な心情として有る様です。

同じ事を、時代毎に様々な呼び方で主張している事から、日本世界の一貫したマインドであるのは明らかです。毎回外部から移入した文物に対して自分達が古くから主張していた事と正に同じだ!とするパターンにもそれは現れています。

日本のAI全体主義は、これを基にAI支配を御当地カスタマイズして、洗脳や動員に利用しているのは明らかでしょう。

そして、それは海外に於ける人口削減政策、社会からキリストを教排除する政策とも連動している筈です。

 

日本語世界の独特なマインド自体が、一神教の世界とは相容れない物であるのは、最早言うまでも無い事でしょう。

日本人が幾ら望んでも、今後も世界中で、一神教と言ったらアブラハムの宗教だけを指すのは間違いありません。

 

所変われば品変わる…キリスト教を土台とする価値観は、アンチクライストを土台とする価値観を尊重しないか、遠ざける。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E4%BF%A1%E4%BB%B0%E5%91%8A%E7%99%BD

以下、Wikipediaウェストミンスター信仰告白」から引用。


信仰告白は、カルヴァン主義の正統的な神学を体系的に説明しているもので、ピューリタンとカベナンター神学の影響を受けている。

それは、三位一体、イエス・キリストの身代わりの死と復活など、すべてのキリスト教会で告白される普遍的な教理を含んでいる。

また聖書のみ、信仰のみ、というプロテスタント信仰の教理が告白されている。

さらに、議論の的となる二重予定説、アダムと業の契約、ピューリタンの救いの確信の教理、礼拝のミニマリズム安息日の厳守についても述べる。

またローマ教皇を反キリストと呼び、ローマ教皇を教会の頭とするカトリック教会のミサを偶像崇拝とし、ノン・クリスチャン、偶像崇拝者との結婚を禁止している。」

引用以上。

 

歴史上、アメリカ合衆国はメイフラワー号での移住に始まる、カルヴァン主義の伝統を国の出発点・土台に持ちます。

しかし、ノン・クリスチャンが人口の99%を占める日本人社会では、このカルヴァン主義と表現されるキリスト教とは何なのか?理解し得る人口が殆ど居ない事から、アメリカの出発点に関しても誤解の方が多い様です。

つまりアメリカの起源や伝統、国の屋台骨と言ったものに付いて、理解し得ないか誤解を生む要素しか、実際日本には存在していないのです。

上記の「ウェストミンスター信仰告白」は、代表的なカルヴァン主義的信仰告白ですが、殆どの日本人には各単語の意味さえ、説明しても掴めない筈です。

その証拠に、日本では有識者でさえ、これらのアメリカの要素を、日本の戦前戦中要素と同列にコメントして見せるではありませんか?

つまり、アメリカのクリスチャン・ライトが、日本社会の活字の中では、ノン・クリスチャン、偶像崇拝者の様な「説明」になってしまうのです。それは日本側の能力水準的に必然の現象なのが現実です。

これは、日本だけの不利な条件ですので、日本のお家芸である、西欧対アジアと言う図式へのすり替えは不可能です。実は、他のアジア諸国ではそんな事は無いのです。

更に、最近の日本は電磁波による無線BMI、AI支配で、キリスト教会も怪しくなって来た様に思われます。近隣アジア諸国の様子を見ると、日本程ではありませんので、日本は特に反キリスト志向が強いのでしょう。

世界中の人口削減は、社会からキリスト教を排除する事で進められています。キリスト教は人口削減に抵抗する最も有力な力です。

そして、それが存在しない日本社会は、人口削減への支持が高く、人命よりも、偽りの政治的環境保護や寧ろ環境を破壊する文化様式を守ろうとしています。

キリスト教、聖書では神は決して悪を行わない事になっています。人間の生贄をお受け取りになる事も決してありません。

悪を作成し、人間の生贄を受け取るのはサタンです。人口削減はサタンに対する大規模な生贄儀式であるのは本当なのです。

日本では、海外のキリスト教会が世界を動かして人口削減を行なっているとの主張が多数ですが、恐らくキリストへの信仰からその様な事が行われている証拠が出て来る事など、決して無いでしょう。

人口削減は、社会からキリスト教を排除している勢力により行われており、それはサタンに対する大規模な儀式なのです。

 

騙されないで!国はサイバー拷問の被害者が暴発する様に追い詰めて来ます。矛先が日本ではなく外国や外国人に向けて暴発する様にね!

この犯罪は、お役所が企業に発注したものを使って、人工衛星や公共設備・大学研究機関の設備で行っている国家犯罪です。

電子戦部隊と秘密テロ活動 | マイクロ波聴覚効果及びその関連

使用している技術は、数十年前に海外で開発されたもので、技術も特許も公開されている為、秘密でもなんでもありません。

日本の技術者達は、既に知られた物に付いて研究しているのであり、これらは日本の専売特許などでは全く無いのです。

発注元は、国民を監視したり洗脳したい意図が有る部門ですね。そこが、サイバー拷問も行なっています。

ところがです。国が行なっている犯罪であり、且つ、被害者や周囲の市民を洗脳する事が出来るシステムである為、国は不満や敵意を外に向ける様に人々を洗脳し続けています。

大体が、外国や、特定の民族、国内の外国人などに敵意が向くような洗脳ですね。そして(笑ってしまいますが)加害主体である国を愛し出す様にと言う洗脳も行われています。

勿論、電磁波による遠隔BMIで制脳されている市民達は、AIに脳波レベルで操られて言動しているのであって、それは外国人でも変わりませんし、AIはその場、その時に、動員する人間を識別して選ぶ事が出来ます。

 

サイバー拷問犯罪に使われる衛星サーベイランスとか衛星リモートセンシングとか言われる技術では、レーダー照射による反射波から直接にも、反射波に含まれる脳信号情報からも、映像化する事が出来ます。そしてそれを市民に共有させる事が出来ます。

ですから、これは単に衛星監視システムであるだけでなく、現場で起きている拷問を市民の脳内に共有させ共犯者にする、公開拷問ショーでもあると言う事になります。

専制を指向するお役所の欲望と、見せ物ショーで楽しまされている市民の欲望とが、共に両立するシステムなわけですね。パノプティコンコロッセオとで果たされる願望を両方実現化しているのです。

古代ローマ時代のコロッセオでは、キリスト教徒の女性が裸で縛り付けられた上で、猛獣に食べられると言う信じられない残酷ショーが、皇帝の人気取りも兼ねて行われていました。

現代の日本ではどうですか?

サイバー拷問や集団ストーカーでは、沢山の死者が出ています。

しかし、事態を共有している市民は誰も助けに駆けつけはしないですよね?駆けつけるのは、現場で直接加害に加わりたい人々だけです。他の人々も、脳内に共有される知覚を公開拷問ショーとして楽しんでいるだけで、誰も通報したりはしません。

同じですよね?古代のコロッセオに残酷ショーを見たくて集まっていた市民達と、現代日本の皆さんは。

猛獣ショーが古代ローマ史の汚点である様に、この犯罪も日本が滅んだ後に汚点として残るのは間違い無いでしょう。日本はスパイ天国と言われ、日本の事は世界中が知っているのですから。

Put out into the deep – escape for your life

 

「贖い」の意味が分からない人々と言うのは、世界中で日本人だけかも知れない。

 この文字は本来、中国語の文字であるから、発明者である中国人には贖いの概念は勿論有ったのだろう。音読みはショクである。

 日本語にも「あがない」と言う訓読みが有るが、贖いにしろ、贖罪にしろ、キリスト教以外の話では、使われるのを見た記憶が皆無だ。

 贖いが分からないと、決してキリスト教は理解し得ない。旧約聖書新約聖書の全66巻は、全てが、十字架上のキリストによる罪の贖い、贖いの御わざを指し示しているからだ。

 キリストを信じるクリスチャンも、贖い出して頂く事により、キリスト者の自由を得させて頂く事になっている。つまり、贖いが分からなければ、後の話は全部分からないのだ。

 日本人クリスチャンの中には、贖いの意義をスルーしている人さえ居るようだか、それも日本人に贖いの意味が分からない人が多いからだろう。でも、それではクリスチャンとは言えないのだ。

 

 日本人には、自己の特徴をアジアの特徴としてすり換え、アジア対西欧の対立にすり替える癖が有るが(非常にアンフェアな詐欺だ)、この贖いの意味が分からないと言うのは、他国人にはあまり無い話なのでは?と思う。

 贖いの近似語は、賠償、身請け、身代金、保釈金などだが、これらを駆使しても、あまり日本人にはピンと来ない様だ。

 日本社会は性善説が強く、法律もそれに基づいて作成されているし、人間とは信じるに足るもので人間を信じる事に意義が有るとか、有名な「人を信じて傷付く方が良い」とか、全体的に、自分達は罪を知らないイノセントワールドと言う認識世界を打ち出して来た。

 時代劇の裁きの場の白洲は、実は後の時代の創作で借用とも言われるが、その裁きでも賠償は発生しない。大岡裁きは下手人には実刑、被害者には労いの言葉である。(武家の法は、喧嘩両成敗から来ているので、そんなものなのだ。)

 性善説で喧嘩両成敗の世界では、罪とは何か?その贖いとは?と言う事は、問題とされなかったのかも知れない。そんな社会だから、有識者達も善悪とは快不快を基準とする、なんて書いて出版するのだろう。

 

 贖いが分からない人々には、贖いが、まやまやポンやSMにさえ見えるらしい、そんな人々は単純に怖いのであるが、お分かりになるだろうか?

 もしも、メキシコの人々が現代のメキシコ人の様では無く、今でも古代アステカ人やマヤ人と同じ習慣を続けていたら、どの様だっただろう?色々なイデオロギーはさて置き、怖いに違いない。

 もし、そんな人々が自分達では善人と思っていて、しかも罪に対する報酬さえ要求するとしたら?もう、怖いだけでは済まされないのだ。

 実際日本は、個々人はナメられているかも知れないが、集団としては怖がられていると思う。

 

 日本の人々が贖いの意味を最後まで知らなかったのは、罪とは何かを最後まで知らなかったと言う事でもあるだろう。

 それは、日本が歴史の始めから、罪に対して報酬さえ求める人々、神に敵対して666に従う人々として用意されて来たからだと思う。

 だから、もうこのままで良いのだろう。

 

 

サタニズムが滅びる事で新しい世の中が来る。それまでは、聖なる永遠不変の御計画を信じて只逃げているのが良い。

「毒電波」と言う表現がありますが、これはリアルに存在する物を表現した言葉です。

日本の一般市民は、監視・支配システムから照射される電磁波を経由して、ワイヤレスでAIに接続され洗脳される「制脳」と言われる管理を受けています。

この電磁波を毒電波と表現している訳ですね。

何故に?日本の権力、監視・支配システムから照射される電磁波が毒なのか?と言えば、これらの監視や支配とは、地上の権力者が腐敗の結果として常に欲する物であり、サタニズムに繋がる物だからです。

権力は常に腐敗する物であるし、それだけでサタニズムなの?と思われるかも知れませんが、人間は生来元々、罪悪に傾く性質を避け難く持っており、そのまんまの状態がサタニズムなのですから、同じ様に、欲するままに監視や支配を追い求める事もサタニズムです。

人間の権限では持ち得ない力を手に入れようとする神への反逆と言う意味で、れっきとしたサタニズムなのです。

聖書には、サタニズムが滅ぼし尽くされる事で、新しい世の中が来ると何度となく記されています。聖書の成就は、神に対する敵対勢力の滅亡で成る事になっているのです。

聖書で言うサタンとは、神に反逆して地上に堕とされた堕天使達です。これらが墜落しながら異形の物となったのがサタンであり、多神教の崇拝対象の正体であるとされます。

これら、神に対する敵対勢力が立ち上がり、最後の戦いを挑んで滅亡するのが、聖書の成就としてのストーリーであるヨハネの黙示録です。

過去の時代の聖徒達は、古代からずっと、この約束された成就を待ち望んで来ました。

この成就はキリストの再臨により成され、それにより、かつてキリストの受け入れに失敗した神の民(アブラハムの宗教の神を信じる者、聖徒)はクリスチャンと一つになり、新しい世になると聖書には記されています。

ですから、聖書の神様の、聖なる永遠不変の御計画を信じて、ただ待っていれば良いと言う事です。逃げ回りながら。

日本人として生まれ育った時点で相当な洗脳が仕上がっている場合が多く、そうそう解ける物では無い。

だから、もし終末時代が来たならば、日本の人々には666の側に集められる集団と言う役割?しか演じ得ないでしょう。

 

皆んな、学校の先生やメディアの有識者達から、ピンポイントで洗脳される事で、独自の日本ワールドを作り上げ浸っているんですけど、内側からは分からないんですよね。

おまけに電磁波経由のAI制脳で、支配システムに接続されっ放しなんですから、もう絶対にその世界から出て来れないんですよ。

 

倫理観とか、社会の権利・権限とか、全てが狂う様にピンポイントで洗脳してあるので、もう手の施し様が無いんです。

本当に、666側で集められる為の人々、666の出身母体になる為の集団として、長〜い時間をかけて育って来てしまったのだと思いますよ。

 

閉じ籠められた認識世界に気付いた人は、日本と言う物を自分の基盤に置く事を捨て、他の基盤に自らを接木させて頂くリセットをした方が楽になるのでは無いでしょうか?

そして、それを許さない日本ワールドが666を擁立して破滅に至る前に、日本脱出の準備を進めていた方が良いと思います。

パスポートとか、必要ならばビザ関係、警察で発行してくれる自動車の国際免許や無犯罪証明書なんかですね。

 

周辺国に損害が及ばないタイプの大量殺戮兵器は、被曝側は非常に苦しみながら死ぬ物があります。危なくなったら、一時的にでもまず国外脱出なんて、当たり前の発想です。

 

そして、もう帰らないとなったら、独自性とかは保たずに(保たなくたって、説明は出来ますし、破棄した方が説明は上手くなります)、日本人コミュニティとかで固まらずに、水に垂らした一滴のインクの様であった方が良いと思われます。